三国志に釣られクマー

三国志に釣られクマー

三国志好きの三国志好きによる三国志好きのための何か

周護(しゅうご) 字:不明(?~?)

さて、今回紹介するのは周護じゃな。周瑜には兄がおり、その息子が周峻、周峻の息子が周護、と言うことなんじゃな。彼もまたちょっといわくありの人物のようじゃな。

周胤(しゅういん) 字:不明(?~?)

さて、今回紹介するのは周胤じゃな。彼は周瑜の息子であるが、素行の悪さ故に平民に落とされてしまった人物じゃ。じゃが諸葛瑾や歩隲等の尽力により、彼の罪は許されたんじゃよ。

周異(しゅうい) 字:不明(?~?)

さて、今回から三国の一雄、孫家の人物紹介じゃな。周異はあの周瑜の父親に当たる人物じゃ。なに?孫じゃないじゃないかじゃと?いやいや、周瑜は孫策と兄弟関係で、ある意味劉備と関張よりも孫家と強い結びつきがあるからのう。

第五回後継者武将ランキング(その3)

第五回後継者武将ランキング(その2)

第五回後継者武将ランキング(その1)

陸(揚州)一族まとめ

さて、今回は陸一族のおさらいと行こうかのう。こちらも数こそ少ないながらも、人材の宝庫じゃからな。そして陸一族のまとめが終わったら、次はランキングじゃな。

陸瑁(りくぼう) 字:子璋(?~239)

さて、今回紹介するのは陸瑁じゃな。彼は陸遜の弟であり、陸喜の父に当たる人物じゃな。字が陸遜とは違う(陸遜は伯言)系統なので、もしかすると異母弟なのかもしれんのう。

陸遜(りくそん) 字:伯言(183~245)その7

さて、今回陸遜の7回目の紹介じゃな。随分長くなったが、ここいらで終わりとしたいのう。前回の続きじゃが、ここで一部批判の声が上がっているのじゃよ。

陸遜(りくそん) 字:伯言(183~245)その6

さて、今回陸遜の6回目の紹介じゃな。ここでも陸遜の知略を示す逸話になるんじゃが、これには評価が少し分かれてもいるようなんじゃよ。

陸遜(りくそん) 字:伯言(183~245)その5

さて、今回陸遜の5回目の紹介じゃな。陸遜自身については夷陵の後にもまだ続くのでもう一回ぐらい紹介しておきたいが、夷陵の戦い自体は今回で締めておきたいのう。それでは見ていくとしよう。

陸遜(りくそん) 字:伯言(183~245)その4

さて、今回陸遜の4回目の紹介じゃな。今回は夷陵の戦いの時系列を陸遜陣営、劉備陣営双方の記述から見ていくとしようかのう。

陸遜(りくそん) 字:伯言(183~245)その3

さて、今回陸遜の3回目の紹介じゃな。今回は夷陵の戦いを軽く見ていくとしようかのう。これも人によって解釈がバラバラであることから、かなり難しい戦いになりそうじゃな。

陸遜(りくそん) 字:伯言(183~245)その2

さて、今回陸遜の2回目の紹介じゃな。今回は陸遜の戦いじゃが、まずは関羽を追い詰めた戦いでの陸遜の動き、ここを見ていこうと思うんじゃよ。動きを見るとさすが陸遜、抜け目なく動いておるんじゃな。

陸遜(りくそん) 字:伯言(183~245)その1

さて、今回紹介するのは陸遜じゃな。字は伯言とあることから長男であるようじゃな。当然のことながら三国の一角、呉を代表する名将の一人がここで登場じゃな。ボリュームが結構あり、ちと史料を見ていくのに時間がかかってしまったんじゃ。スマンのう。

陸績(りくせき) 字:公紀(187~219)

さて、今回紹介するのは陸績じゃな。彼は陸康の息子であり、本来なら彼が一族の取りまとめ役となるべき立場であったんじゃが、まだ幼かったことから、年長であった陸遜が取りまとめるようになっていったようじゃな。

陸式(りくしき) 字:不明(?~?)

さて、今回陸式の紹介じゃな。彼は陸胤の息子と言うことで、陸氏の中では陸凱・陸胤兄弟の系譜に連なる人物のようじゃな。

陸抗(りくこう) 字:幼節(226~274)その6

さて、今回陸抗の6回目の紹介じゃな。今回は西陵の戦い以外の逸話について見ていくとしようかのう。

陸抗(りくこう) 字:幼節(226~274)その5

さて、今回陸抗の紹介、5回目じゃな。今回は3方面の侵攻軍に対してどのように対処していったか、そこを見ていくとしようかのう。

陸抗(りくこう) 字:幼節(226~274)その4

さて、今回陸抗の紹介、4回目じゃな。今回は最大の懸念事項である江陵の防衛についてじゃな。晋でも最高クラスの武将である羊祜の晋軍をいかに防ごうとしたのか。ここからは両者の知略合戦となったようじゃな。

陸抗(りくこう) 字:幼節(226~274)その3

さて、今回陸抗の紹介、3回目じゃな。今回は西陵の戦いの状況についての詳細な説明を行おうと思うんじゃ。地図を用い、それぞれの考えと行動についてまとめていこうとするかのう。

陸抗(りくこう) 字:幼節(226~274)その2

さて、今回陸抗の紹介、2回目じゃな。今回は陸抗を代表する戦い、西陵の戦いについて紹介しようと思うんじゃ。実はこの西陵かつては夷陵と呼ばれた地でもあるんじゃな。そう、陸遜が劉備を撃破した重要な地、因縁の地でもあるんじゃよ。

陸抗(りくこう) 字:幼節(226~274)その1

さて、今回紹介するのは陸抗じゃな・・・おかしいのう、木曜日に記事を挙げたはずなんじゃが、記事も履歴もどこにも残っておらん。アップし忘れてそのまま閉じてしまったんじゃろうか、うーん。

陸宏(りくこう) 字:不明(?~?)

さて、今回紹介するのは陸宏の紹介じゃな。彼は陸績の長男であり、先日紹介した陸叡の兄に当たる人物じゃな。

陸喜(りくき) 字:文仲(?~?)

さて、今回紹介するのは陸喜じゃな。彼もまた陸玩と同じく陸瑁に連なる系譜の人物なんじゃ。陸玩は陸瑁の孫世代に当たる訳じゃが、陸喜は陸瑁の息子じゃな。字に「仲」が入っていることから、陸瑁の次男じゃろうな。

陸凱(りくがい) 字:敬風(198~269)その4

さて、今回で陸凱の紹介、〆と行きたいのう。今回は彼の上奏のまとめと、最後、重病になった際の上陳などについて見て終わりとしようかのう。

陸凱(りくがい) 字:敬風(198~269)その3

さて、今回も陸凱の紹介の続きじゃな。今回は彼が上奏した内容について簡単にまとめていくとしようかのう。

陸凱(りくがい) 字:敬風(198~269)その2

さて、今回は陸凱の紹介の続きじゃな。今回は前回紹介した以外の逸話について見ていくとしようかのう。

陸凱(りくがい) 字:敬風(198~269)その1

さて、今回紹介するのは陸凱じゃな。彼は陸胤の兄であり、198年生まれと言うことから、ちょうど陸遜の一世代下になるかどうか、と言うぐらいの時期に生まれた人物じゃな。三国時代が形成した時期を生き抜いた呉の重鎮、興味深い人物じゃのう。

陸延(りくえん) 字:不明(?~?)

さて、陸遜の息子と言うと、真っ先に名前が挙がるのは当然陸抗なんじゃが、彼には早世してしまった兄がいたんじゃな。それが今回紹介する陸延じゃ。彼が生きておればどのような人物になったのか、それはもう知る由がないが、記録だけでも留めておきたいもん…