三国志に釣られクマー

三国志に釣られクマー

三国志好きの三国志好きによる三国志好きのための何か

その他勢力

諸葛玄(しょかつげん) 字:不明(?~197)

さて、今回紹介する人物は諸葛玄じゃな。字は不明、生年も不明じゃが、没年はある記録によると197年となっておるんじゃよ。名字から察することができるように、とある有名な人物と深いかかわりがあるようじゃな。

華緝(かしゅう) 字:不明(?~?)

さて、今回は華緝の紹介じゃな。見てもらえばわかると思うが、彼は華歆の一族なんじゃよ。じゃが事績はようとして知れず、字や生没年も不明なんじゃ。むむむ、今回は紹介するの難しそうじゃのう。

華歆(かきん) 字:子魚(157~231)その4

さて、今回は華歆の紹介、4回目じゃな。こちらもそろそろ終わりが見えてきたかのう。それでは早速見ていくとしよう。

華歆(かきん) 字:子魚(157~231)その3

さて、今回は華歆の紹介3回目じゃな。今回からは曹魏の下でのエピソードを見ていくとしようかのう。と言っても実は曹操時代はあまり記録がないのかもしれんのじゃ。

華歆(かきん) 字:子魚(157~231)その2

さて、今回は華歆の紹介2回目じゃな。今回からは予章太守から孫策、孫権時代を経て曹操の下に赴いた頃の話じゃな。

華歆(かきん) 字:子魚(157~231)その1

さて、今回紹介するのは華歆じゃな。字は子魚、生年は157年、没年は231年じゃな。平原郡高唐県の出身と言うから、劉備が一時期駐屯していたところの出身と言うことじゃのう。

張雅(ちょうが) 字:不明(?~?)

さて、今回は張雅の紹介じゃな。彼も詹彊と一緒に出てきている人物じゃな。字や生没年は不明じゃな。それでは彼についても見ていくとしようかのう。

詹彊(せんきょう) 字:不明(?~?)

さて、今回は詹彊の紹介じゃな。彼もすでに何度か出てきている人物じゃな。字や生没年は不明じゃ商升に続き結構マイナーな人物じゃが、彼についても見ていくとしようかのう。

商升(しょうしょう) 字:不明(?~?)

さて、今回は商升の紹介じゃな。すでに何度か出てきている人物じゃな。字や生没年は不明じゃが、事績はそれなりにあったりする面白い人物じゃな。

虞翻(ぐほん) 字:仲翔(164~233)その4

さて、今回は虞翻の紹介、4回目じゃな。そろそろ終わりが見えてきたかのう。それでは早速見ていくとしよう。

虞翻(ぐほん) 字:仲翔(164~233)その3

さて、今回は虞翻の紹介3回目じゃな。今回からいよいよ孫権時代へ突入じゃな。ここから虞翻にとって波乱万丈な時代の幕開けじゃよ。

虞翻(ぐほん) 字:仲翔(164~233)その2

さて、今回は虞翻の紹介2回目じゃな。今回から孫策に仕えて以降の虞翻の動きを見ていこうとしようかのう。

虞翻(ぐほん) 字:仲翔(164~233)その1

さて、今回紹介するのは虞翻じゃな。字は仲翔と言うことから次男じゃろうな。会稽郡の余姚の人じゃから現地の人間じゃな。結構癖の強い人物である虞翻について見ていくとしようかのう。

何雄(かゆう) 字:不明(?~?)

さて、今回紹介する人物は何雄じゃな。字や生没年は不明。彼は王朗直属の部下ではないんじゃ。それでは彼の人物像について見ていくとしようかのう。

王遠(おうえん) 字:方平(?~?)

さて、今回紹介する人物は王遠じゃな。字は方平、生没年は不明。王姓ではあるものの、彼は王朗とは別の一族、と言うかすでに名前の出ておる王方平の方が通りが良いかのう。

王詳(おうしょう) 字:不明(?~?)

さて、今回紹介する人物は王詳じゃな。字や生没年は不明、姓を見てもらえばわかると思うが、王朗の一族なんじゃ。じゃが彼の人生はあまり詳しくは分からんのじゃよ。

王朗(おうろう) 字:景興(?~228)その5

さて、今回は王朗の紹介、5回目じゃな。気が付けば随分な長編となってしまったのう。さて、それでは見ていくとしよう。

王朗(おうろう) 字:景興(?~228)その4

さて、今回紹介するのは王朗の4回目じゃな。今回からは曹丕の時代以降の話じゃな。結構王朗の話も長くなったのう。

王朗(おうろう) 字:景興(?~228)その3

さて、今回紹介するのは王朗の3回目じゃな。今回こそ曹操の下へ行った時の話を・・・たぶんできると思うぞい、いや、マヂで。

王朗(おうろう) 字:景興(?~228)その2

さて、今回紹介するのは王朗の2回目じゃな。今回は孫策の侵攻とその後曹操の下に下っての話が中心じゃな。

王朗(おうろう) 字:景興(?~228)その1

さて、今回紹介するのは王朗じゃな。徐州東海郡郯県の出身で、鄭玄同様学問に親しんだ人物でもあるんじゃ。字は景興、没年が228年と言うのは深い意味があるんじゃよ。

劉曄(りゅうよう) 字:子揚(?~?)その4

さて、今回は劉曄の紹介4回目じゃな。 今回は曹操時代の劉曄を中心に見ていくとしようかのう。曹操の下で彼も知略は更に冴え渡ることとなるんじゃよ。

劉曄(りゅうよう) 字:子揚(?~?)その3

さて、今回は劉曄の紹介3回目じゃな。 今回は曹丕時代の劉曄を中心に見ていくとしようかのう。可能であれば曹叡時代も突入しておきたいのう。

劉曄(りゅうよう) 字:子揚(?~?)その2

さて、今回は劉曄の紹介2回目じゃな。 今回は曹操時代の劉曄を中心に見ていくとしようかのう。曹操の下で彼も知略は更に冴え渡ることとなるんじゃよ。

劉曄(りゅうよう) 字:子揚(?~?)その1

さて、今回紹介するのは劉曄じゃな。後漢の皇族、恐らく継承権も持っていたであろう人物でありながら曹操に仕え、漢から魏への時代の移り変わりを直に体験した、異色の参謀と言えるじゃろうな。

雷緒(らいしょ) 字:不明(?~?)

さて、今回紹介する人物は雷緒じゃな。字や生没年は不明じゃな。彼もまた建安年間に盧江にて割拠していた賊の一人じゃ。まあ実際に彼が盧江で割拠するのはもう少し後かもしれんがのう。

鄭宝(ていほう) 字:不明(?~?)

さて、今回紹介する人物は鄭宝じゃな。字や生没年は不明じゃな。さて彼は盧江にて割拠していた賊の中でも最大の勢力を誇った人物なんじゃよ。それでは鄭宝について見ていくとしようかのう。

張多(ちょうた) 字:不明(?~?)

さて、今回紹介する人物は張多じゃな。字と生没年は不明じゃ。彼も許乾同様に陸康の配下と言う訳ではなく、この辺りに根を張っておった賊の一人なんじゃよ。

許乾(きょけん) 字:不明(?~?)

さて、今回紹介する人物は許乾じゃな。字と生没年は不明じゃ。彼は陸康の配下と言う訳ではなく、この辺りに根を張っておった賊の一人なんじゃ、じゃが根っからの悪人と言う訳でもないので、便宜上陸康勢力の一員としておいたんじゃよ。

陸儁(りくしゅん) 字:不明(?~?)

さて、今回紹介する人物は陸儁じゃな。字と生没年は不明じゃ。さて、この陸儁、姓からも分かるように陸一族の一人じゃ。じゃが、彼の人物像には謎が多いんじゃよ。