三国志に釣られクマー

三国志に釣られクマー

三国志好きの三国志好きによる三国志好きのための何か

陸喜(りくき) 字:文仲(?~?)

さて、今回紹介するのは陸喜じゃな。彼もまた陸玩と同じく陸瑁に連なる系譜の人物なんじゃ。陸玩は陸瑁の孫世代に当たる訳じゃが、陸喜は陸瑁の息子じゃな。字に「仲」が入っていることから、陸瑁の次男じゃろうな。

陸玩(りくがん) 字:士瑶(?~?)

さて、今回紹介するのは陸玩じゃな。今まで触れてこなかったが、実は三国志の呉書にはもう一人陸氏の系譜を継ぐ人物がおるんじゃが、今回紹介する陸玩はそちらの系譜に連なる人物じゃな。

陸凱(りくがい) 字:敬風(198~269)その1

さて、今回紹介するのは陸凱じゃな。彼は陸胤の兄であり、198年生まれと言うことから、ちょうど陸遜の一世代下になるかどうか、と言うぐらいの時期に生まれた人物じゃな。三国時代が形成した時期を生き抜いた呉の重鎮、興味深い人物じゃのう。

陸延(りくえん) 字:不明(?~?)

さて、陸遜の息子と言うと、真っ先に名前が挙がるのは当然陸抗なんじゃが、彼には早世してしまった兄がいたんじゃな。それが今回紹介する陸延じゃ。彼が生きておればどのような人物になったのか、それはもう知る由がないが、記録だけでも留めておきたいもん…

陸叡(りくえい) 字:不明(?~?)

さて、今回紹介するのは陸叡じゃな。陸一族はいくつかの支族に分かれており、三国志の時代は陸遜の一族が一番有名じゃが、元々本家筋に当たる陸康直系が陸績なんじゃ。そして今回紹介する陸叡は陸績の次男に当たる人物じゃな。

陸胤(りくいん) 字:敬宗(?~?)その1

さて、今回紹介するのは陸胤じゃな。彼もまた陸遜の同族であり、息子の陸抗と同時代の人物だったようじゃな。兄は陸凱で、昨日紹介した陸禕の叔父にあたる人物じゃ。彼もまた非常に優秀だった人物のようじゃから、楽しみじゃな。

陸禕(りくい) 字:不明(?~?)

さて、今回から紹介するのは呉の名族陸氏じゃな。陸遜や陸抗等の非常に興味深い人物達が出てくるじゃろう。まず最初は陸禕の紹介じゃな。彼は陸凱の息子で、陸遜から見るとちょうど孫の世代に当たる人物じゃな。

劉尚(りゅうしょう) 字:不明(?~?)

さて、今回も劉繇の息子の一人である劉尚の紹介じゃな。彼もまた劉基の弟なんじゃが、彼自身の記録も昨日の劉鑠とほぼ同じで少なめなようじゃな。

劉鑠(りゅうしゃく) 字:不明(?~?)

さて、今回は劉繇の息子の一人である劉鑠の紹介じゃな。彼は劉基の弟であり、兄のことを畏敬していた、と言うことなんじゃが、彼自身の記録は少ないようじゃな。

劉基(りゅうき) 字:敬輿(184~232)

さて、今回は少し謝らねばならんのじゃが、ある一族の後継者の紹介を忘れておったんじゃ。それは劉岱・劉繇兄弟の一族じゃな。劉岱の子はわからんが、劉繇の子供は史書にも記録が残っておる。彼らの紹介を忘れておったんじゃ。スマンのう。

袁耀(えんよう) 字:不明(?~?)

さて、臧覇の一族が先日終わったことから今回は袁術の息子、袁耀の紹介じゃな。と言っても袁術の親族は数が少なく、後継者候補として紹介するのは袁耀のみなんじゃがな。

程秉(ていへい) 字:徳枢(?~?)

さて、今回は士燮の紹介3回目じゃな。今回は孫権に仕えて後の士燮、それと能力評価まで見ていくとしようかのう。

蘇飛(そひ) 字:不明(?~?)

さて、今回紹介するのは蘇飛じゃな。字と生没年は不明なんじゃ。黄祖の都督として、またある人物にとっては命の恩人とも言える程、重要な役割を担っておった人物なんじゃよ。

程普(ていふ) 字:徳謀(?~?)その2

さて、今回は程普の紹介2回目じゃな。今回は程普が亡くなるまでの後半生、それから気になる程普の能力評価と行こうかのう。

程普(ていふ) 字:徳謀(?~?)その1

さて、今回紹介する人物は程普じゃな。字は徳謀、生没年は不明じゃな。Wikiじゃと没年が210年となっておるが論拠はあるんじゃろうか?微妙に気になるのう。

祖茂(そも) 字:不明(?~?)

さて、今回紹介するのは祖茂じゃな。演義では孫堅配下の四天王として名前が出てくる人物じゃが、実はその実態はほとんど知られていないんじゃよ。字や生没年も不明なんじゃな。読み方もワシは「そも」と呼んでいるが「そぼう」とも読めるぞい。

朱治(しゅち) 字:君理(156~224)その3

さて、今回は朱治の紹介3回目じゃな。今回は朱治が亡くなるまでの後半生、それから朱治の能力評価と行こうかのう。

朱治(しゅち) 字:君理(156~224)その2

さて、今回は朱治の紹介2回目じゃな。今回は朱治が孫権に仕えるようになった後のこと、それとできるならば能力評価、まではちょっと厳しいかのう。

朱治(しゅち) 字:君理(156~224)その1

さて、今回紹介するのは朱治じゃな。字は君理、生年が156年と言うことは曹操や孫権とほぼ同世代と言うことになるんじゃよ。このことが彼を呉の中でもちょっと特殊な立ち位置となるんじゃよ。

黄蓋(こうがい) 字:公覆(?~?)その2

さて、今回は黄蓋の紹介2回目じゃな。今回は黄蓋の最大の見せ場、赤壁の話じゃな。それから他のエピソード、そして能力評価と行こうかのう。

黄蓋(こうがい) 字:公覆(?~?)その1

さて、今回は黄蓋の紹介じゃな。字は公覆、生没年は不明じゃな。さて、黄蓋と言うと赤壁の火計が有名じゃが、彼はたまたまあの計を思いついたんじゃろうか。気にはならんかのう?

公仇称(こうきゅうしょう) 字:不明(?~?)

さて、今回は公仇称の紹介じゃな。字、生没年は不明じゃな。彼はすでに一度出ている人物じゃな。曹操や劉備陣営に負けず劣らずの陣営じゃが、まだ有名どころは韓当ぐらいじゃな。

呉景(ごけい) 字:不明(?~203)

さて、今回は呉景の紹介じゃな。字は不明、生年は不明じゃが没年は203年じゃな。彼は孫堅の妻、呉夫人の弟にあたる人物であり、まだ若かったのではなかろうか。

韓当(かんとう) 字:義公(?~226)

さて、今回は韓当の紹介じゃな。字は義公、生年は不明じゃが没年は226年、孫堅に仕えていた有力武将の中では一番最後まで生き残った人物だったのではなかろうか。

桓勝(かんしょう) 字:不明(?~?)

さて、今回は桓勝の紹介じゃな。字や生没年は不明。姓から分かるように桓階の親族、と言うか父親じゃな。じゃが実は191年頃はもう亡くなる寸前か、亡くなった直後ぐらいかの人物じゃな。

桓階(かんかい) 字:伯諸(?~?)その3

さて、今回は桓階の紹介、3回目じゃな。ここからは文帝時代の話が中心となる訳じゃが、他にもちょっとしたエピソードを紹介するぞい。

桓階(かんかい) 字:伯諸(?~?)その2

さて、今回は桓階の紹介2回目じゃな。ここから曹魏時代のエピソードじゃな。とは言え彼は案外語ることは少なそうなんじゃがの。

桓階(かんかい) 字:伯諸(?~?)その1

さて、今回紹介する人物は桓階じゃな。字が伯諸で生没年は不明。後に魏に仕えた名臣なんじゃ。じゃがこの時代は孫堅に仕えていた、と言う少し変わった経歴の人物じゃな。

孫賁(そんふん) 字:伯陽(?~?)

さて、今回紹介するのは孫賁じゃな。字は伯陽、生没年は不明じゃな。彼の父孫羌は字を聖台と言い、孫堅の同母兄にあたる人物だったんじゃ。さて、孫賁はどんな人物であったか、見ていくとしようかのう。

孫静(そんせい) 字:幼台(?~?)

さて、今回紹介するのは孫静じゃな。字が幼台で、孫堅は字が文台と「台」の字が共通になっておる孫堅の弟じゃな。生没年は不明じゃ。それでは孫静について見ていくとしようかのう。