三国志に釣られクマー

三国志に釣られクマー

三国志好きの三国志好きによる三国志好きのための何か

袁遺(えんい) 字:伯業(?~?)

さて、今回から冀州の袁一族の紹介じゃな。トップバッターを飾るのは袁遺じゃな。彼は魏志『武帝紀』の裴松之注『英雄記』によると、袁紹の従兄に当たるようなんじゃよ。

第一回後継者武将ランキング(その3)

名将ランキング 宰相ランキング

第一回後継者武将ランキング(その2)

闘将ランキング 勇将ランキング 智将ランキング 謀将ランキング 幕僚ランキング 雑談ぢゃ

第一回後継者武将ランキング(その1)

軍事ランキング 統率ランキング 知謀ランキング 政治ランキング

各群雄の後継者(幽州)

さて、今回は幽州に割拠した群雄の、後継者一覧を見てみるとしようかのう。 勢力概要 幽州後継者一覧

傅巽(ふそん) 字:公悌(?~?)

さて、傅巽の紹介じゃな。彼は傅嘏の兄であり、当初は劉表に仕えておったが、後に魏に仕えるようになったんじゃよ。彼も弟同様優れた人物であったようじゃな。

傅充(ふじゅう) 字:介子?(?~?)

さて、今回は傅嘏の父である傅充の紹介じゃな。字ははっきりしないが、傅嘏の父は傅介子とも言われているので、介子が字なのかもしれんのう。記録は少ないようじゃが彼についても見ていくとしようかのう。

傅祇(ふし) 字:子荘(?~?)

さて、今回は傅嘏の末子である傅祇の紹介じゃな。字は子荘、生没年は不明じゃ。彼も記録は少ないながらもその博学さから博士として、後に晋の司空にまで登った人物なんじゃよ。

傅嘏(ふか) 字:蘭石(209~255)その3

さて、今回は傅嘏について彼の洞察力を示す進言等について、載せていくようにしようかのう。

傅嘏(ふか) 字:蘭石(209~255)その2

さて、今回は傅嘏の主な事績を追いかけていくとしようかのう。彼は戦闘経験がほとんどなく、それ以外のエピソードが中心じゃな。

傅嘏(ふか) 字:蘭石(209~255)その1

さて、前回で鮮卑族の紹介は終わったことで、今回から新しい勢力の紹介じゃな。今回は代郡太守であった傅睿の孫に当たる人物であり、魏を代表する名臣の一人じゃな。

蒲頭(ほとう) 字:不明(?~?)

さて、今回は鮮卑族の蒲頭の紹介じゃな。彼は目立たないが戦闘において実績を持つ、結構重要な人物なんじゃよ。

歩度根(ほどこん) 字:不明(?~233)

さて、今回は過去何度も出てきたと思われる鮮卑族の長歩度根の紹介じゃな。とは言っても最終的に軻比能に殺害される、なかなか不遇な立場であったようじゃな。

扶羅漢(ふらかん) 字:不明(?~?)

今回は紹介するのは扶羅漢じゃな。彼は泄帰尼の父であり、軻比能に殺害された人物なんじゃよ。

載胡阿狼泥(たいこあろうでい) 字:不明(?~?)

今回は載胡阿狼泥と言う人物の紹介じゃな。彼は歩度根の部落の大人であったんじゃが、秦朗が反乱した軻比能等の討伐に赴いた際に幷州にやってきて降伏した人物なんじゃよ。

泄帰尼(せつきでい) 字:不明(?~?)

今回は泄帰尼と言う人物の紹介じゃな。彼は歩度根の弟、扶羅漢の息子であり、軻比能にも目をかけられておった人物だったんじゃ。しかし父が軻比能に殺されておったことから、軻比能とは相いれず、最終的には魏側にて軻比能としばしば戦うんじゃよ。

成律帰(せいりつき) 字:不明(?~?)

今回は成律帰と言う人物の紹介じゃな。彼は軻比能と争った素利の弟に当たる人物だったんじゃよ。

苴羅侯(しょらこう) 字:不明(?~?)

今回は苴羅侯と言う人物の紹介じゃな。彼はあの軻比能の弟に当たる人物なんじゃが、歩度根等との争いの渦中に亡くなったようなんじゃよ。

雑談回その22

さて、今回はちょっと雑談じゃな、と言うのも昨日サッカー日本代表がドイツ代表に勝った、と言う快挙を見た以上、ちょっと雑談せん訳にはいかんのじゃよ。

瑣奴(さど) 字:不明(?~?)

今回は琑奴と言う人物の紹介じゃな。彼はあの軻比能の配下として、戦場に赴いておったようなんじゃよ。

沙末汗(しゃまつかん) 字:不明(?~?)

今回は沙末汗と言う人物の紹介じゃな。彼は長城の外に勢力を築いていた厥機と言う人物の息子に当たる訳じゃな。それでは彼について見ていくとしようかのう。

騫曼(けんまん) 字:不明(?~?)

今回は騫曼と言う人物の紹介じゃな。彼は檀石槐の孫であり、先に紹介した魁頭と後継者の座を争った人物なんじゃよ。

魁頭(かいとう) 字:不明(?~?)

今回は魁頭と言う人物の紹介じゃな。彼はここでも何度か名前を挙げておる、あの檀石槐の一族に当たる人物なんじゃ。じゃが彼はその後様々な苦労を背負うこととなったようじゃな。

児禅(げいぜん) 字:不明(?~?)

今回は丁零の大人、児禅の紹介じゃな。一応鮮卑族の大人と言う扱いにはしているんじゃが、ちょっと調べてみたら、これもまたいろいろ考察の余地はありそうなんじゃな。

軻比能(かひのう) 字:不明(?~235)その2

さて、今回は軻比能の主な事績を追いかけていくとしようかのう。少ないながらも戦闘経験も多いことから、戦闘実績も載せていくぞい。

軻比能(かひのう) 字:不明(?~235)その1

さて、今回は鮮卑族を代表する大物、軻比能の紹介じゃな。三国時代に軻比能は魏に対し、服従と離反を繰り返しており、最終的には暗殺されているんじゃよ。

鬱築鞬(うっちくけん) 字:不明(?~?)

さて、今回鮮卑族の人物紹介じゃな。彼らも烏丸と同様に、鮮卑と思われる人物は皆ここで紹介していこうと思うんじゃよ。今回は鬱築鞬と言う人物じゃな。彼は何度か名前の出ている軻比能の女婿に当たる人物じゃ。

劉和(りゅうわ) 字:不明(?~?)

さて、今回は劉虞の一族、息子である劉和の紹介じゃな。字や生没年は不明。彼は漢の朝廷におったため、劉虞の死に目には会えんかったようじゃ。劉虞亡き後、彼はどうしたのか見ていくとしようかのう。

雑談回その21

さて、前回の雑談の最後で次からは人物紹介、と書いておったが、あれは間違いじゃ。なんと二回連続雑談回じゃ。ちと訳があって、これは話をせん訳にはいかんくなったんじゃよ。

雑談回その20

さて、昨日の楼班までの紹介で烏丸の勢力紹介は終わりじゃな。そこで久しぶりにちょっと雑談と行こうかのう。ここ数日でいろいろ面白いことがあるからのう。