三国志に釣られクマー

三国志に釣られクマー

三国志好きの三国志好きによる三国志好きのための何か

陸喜(りくき) 字:文仲(?~?)

さて、今回紹介するのは陸喜じゃな。彼もまた陸玩と同じく陸瑁に連なる系譜の人物なんじゃ。陸玩は陸瑁の孫世代に当たる訳じゃが、陸喜は陸瑁の息子じゃな。字に「仲」が入っていることから、陸瑁の次男じゃろうな。

 

続きを読む

陸玩(りくがん) 字:士瑶(?~?)

さて、今回紹介するのは陸玩じゃな。今まで触れてこなかったが、実は三国志の呉書にはもう一人陸氏の系譜を継ぐ人物がおるんじゃが、今回紹介する陸玩はそちらの系譜に連なる人物じゃな。

 

続きを読む

陸凱(りくがい) 字:敬風(198~269)その3

さて、今回も陸凱の紹介の続きじゃな。今回は彼が上奏した内容について簡単にまとめていくとしようかのう。

 

続きを読む

陸凱(りくがい) 字:敬風(198~269)その2

さて、今回は陸凱の紹介の続きじゃな。今回は前回紹介した以外の逸話について見ていくとしようかのう。

 

続きを読む

陸凱(りくがい) 字:敬風(198~269)その1

さて、今回紹介するのは陸凱じゃな。彼は陸胤の兄であり、198年生まれと言うことから、ちょうど陸遜の一世代下になるかどうか、と言うぐらいの時期に生まれた人物じゃな。三国時代が形成した時期を生き抜いた呉の重鎮、興味深い人物じゃのう。

 

続きを読む

陸延(りくえん) 字:不明(?~?)

さて、陸遜の息子と言うと、真っ先に名前が挙がるのは当然陸抗なんじゃが、彼には早世してしまった兄がいたんじゃな。それが今回紹介する陸延じゃ。彼が生きておればどのような人物になったのか、それはもう知る由がないが、記録だけでも留めておきたいもんじゃな。

 

続きを読む