三国志に釣られクマー

三国志に釣られクマー

三国志好きの三国志好きによる三国志好きのための何か

閻圃(えんほ) 字:不明(?~?)

さて、今回紹介するのは閻圃じゃな。字や生没年は不明じゃ。彼は既に何度か名前が出てきておると思うが、張魯陣営の重要な懐刀だった人物と言えるじゃろうな。

張衛(ちょうえい) 字:不明(?~?)

さて、今回は張衛の紹介じゃな。字や生没年は不明じゃ。姓を見ると分かるように張魯の一族じゃな。彼はどう言ったことをやった人物なのか、見ていくとしようかのう。

張魯(ちょうろ) 字:公祺(?~216)その3

さて、今回は張魯の紹介3回目じゃな。今回は曹操の漢中侵攻時のエピソードと、できれば能力評価まで行きたいのう。

張魯(ちょうろ) 字:公祺(?~216)その2

さて、今回紹介するのは張魯の2回目じゃな。今回は漢中にてどのような統治をおこなっていたのかを中心に紹介していくぞい。

張魯(ちょうろ) 字:公祺(?~216)その1

さて、今回紹介するのは張魯じゃな。字は公祺、生年は不明じゃが没年は216年じゃな。知る人ぞ知る漢中に割拠しておった五斗米道の教祖、道教のある宗派の祖とも言われておる大物の一人じゃな。

李通(りつう) 字:文達(168~209)その2

さて、今回は李通の2回目じゃな。今回は武勇伝以外のエピソードと、能力評価について見ていくとしようかのう。

劉先(りゅうせん) 字:始宗(?~?)

さて、今回紹介するのは劉先じゃな。字は始宗、生没年は不明じゃ。彼は特定の文献に彼の記述が詳しく載っているようなんじゃよ。ただ、信憑性については如何なんじゃろうか、気になるとこじゃのう。

文聘(ぶんぺい) 字:仲業(?~?)その2

さて、今回は文聘の2回目じゃな。今回は前回語った以外のエピソードと、能力評価について見ていくとしようかのう。

文聘(ぶんぺい) 字:仲業(?~?)その1

さて、今回紹介する人物は文聘じゃな。字は仲業と言うことは次男じゃった、と言うことじゃろうか。生没年は不明じゃな。彼は演義にも出てくる武将の一人じゃが、その活躍の様はあまり語られておらんように思うのう。

鄧羲(とうぎ) 字:不明(?~?)

さて、今回紹介する人物は鄧羲じゃな。鄧義とも書くようじゃ。字と生没年は不明じゃな。彼は劉表とは折り合いが悪く、名がほとんど残らんかったようじゃな。

杜夔(とき) 字:公良(?~?)その2

さて、今回は杜夔の紹介2回目じゃな。今回は杜夔の後半生、そして能力評価等をみていくとしようかのう。

杜夔(とき) 字:公良(?~?)その1

さて、今回紹介する人物は杜夔じゃな。字は公良、生没年は不明じゃな。彼は知名度としては無名の部類に属する人物なんじゃが、実は後漢においてかなり重要なことを成し遂げた人物だったんじゃよ。

張允(ちょういん) 字:不明(?~?)

さて、今回紹介する人物は張允じゃな。字と生没年は不明じゃな。彼も蔡瑁と同様、演義で一定の出番があることから、知名度はそこそこある人物と言えるんじゃろうか。そんな張允について見ていくとしようかのう。

宋忠(そうちゅう) 字:仲子(?~?)

今回紹介するのは宋忠じゃな。別名で宋衷とも言うんじゃよ。字は仲子、生没年は不明じゃな。当初劉表に仕えておったんじゃが、後に魏に移ったようじゃな。

向朗(しょうろう) 字:巨達(?~247)

さて、今回紹介するのは向朗じゃな。向朗と書いて「しょうろう」と読むんじゃよ。字は巨達、生年は不明、没年は247年じゃな。蜀を代表する学者であるが、その才はどちらかと言えば実務の方で発揮されたようじゃな。

蔡瑁(さいぼう) 字:徳珪(?~?)

さて、今回紹介するのは蔡瑁じゃな。字は不明なんじゃがWikiを見ると『襄陽記』に、徳珪となっているようなので採用させてもらったぞい。生没年は不明じゃな。荊州の有力豪族として、勢力を伸ばした人物じゃよ。

黄忠(こうちゅう) 字:漢升(?~220)

さて、今回紹介するのは黄忠じゃな。字は漢升、生年は不明じゃが没年は220年。初期は劉表、後に曹操に仕えるが、最終的に劉備に従い、益州・漢中攻略で大活躍した人物じゃな。

綦毋闓(きぶがい) 字:不明(?~?)

さて、今回は紹介する人物は綦毋闓じゃな。彼はマイナーではあるが劉表の荊州統治時代に重要な役割を担っておったんじゃよ。とは言え、字や生没年は不明なんじゃ。彼は一体どんな人物だったんじゃろうな。

韓嵩(かんすう) 字:徳高(?~?)

さて、今回は紹介する人物は韓嵩じゃな。彼もまた劉表陣営における優秀な人材として名を揚げておる人物と言えよう。字は徳高、生没年は不明じゃな。

蒯良(かいりょう) 字:子柔(?~?)

さて、今回は紹介する人物は蒯良じゃな。彼もまた蒯越同様に劉表の知恵袋として活躍し、おそらく楚漢戦争時代の蒯通の末裔と考えられるんじゃよ。後々彼も曹操に仕えることになると思うんじゃが、ここははっきりせんのじゃよ。

蒯越(かいえつ) 字:異度(?~214)

さて、今回は紹介する人物は蒯越じゃな。劉表の知恵袋であり、楚漢戦争時代の蒯通の末裔でもある訳じゃな。彼は劉表のみならず、曹操からも非常に評価されておった人物なんじゃよ。

桓階(かんかい) 字:伯諸(?~?)その3

さて、今回は桓階の紹介、3回目じゃな。ここからは文帝時代の話が中心となる訳じゃが、他にもちょっとしたエピソードを紹介するぞい。

桓階(かんかい) 字:伯諸(?~?)その2

さて、今回は桓階の紹介2回目じゃな。ここから曹魏時代のエピソードじゃな。とは言え彼は案外語ることは少なそうなんじゃがの。

桓階(かんかい) 字:伯諸(?~?)その1

さて、今回紹介する人物は桓階じゃな。字が伯諸で生没年は不明。後に魏に仕えた名臣なんじゃ。じゃがこの時代は孫堅に仕えていた、と言う少し変わった経歴の人物じゃな。

華緝(かしゅう) 字:不明(?~?)

さて、今回は華緝の紹介じゃな。見てもらえばわかると思うが、彼は華歆の一族なんじゃよ。じゃが事績はようとして知れず、字や生没年も不明なんじゃ。むむむ、今回は紹介するの難しそうじゃのう。

華歆(かきん) 字:子魚(157~231)その4

さて、今回は華歆の紹介、4回目じゃな。こちらもそろそろ終わりが見えてきたかのう。それでは早速見ていくとしよう。

華歆(かきん) 字:子魚(157~231)その3

さて、今回は華歆の紹介3回目じゃな。今回からは曹魏の下でのエピソードを見ていくとしようかのう。と言っても実は曹操時代はあまり記録がないのかもしれんのじゃ。

華歆(かきん) 字:子魚(157~231)その2

さて、今回は華歆の紹介2回目じゃな。今回からは予章太守から孫策、孫権時代を経て曹操の下に赴いた頃の話じゃな。

華歆(かきん) 字:子魚(157~231)その1

さて、今回紹介するのは華歆じゃな。字は子魚、生年は157年、没年は231年じゃな。平原郡高唐県の出身と言うから、劉備が一時期駐屯していたところの出身と言うことじゃのう。

王詳(おうしょう) 字:不明(?~?)

さて、今回紹介する人物は王詳じゃな。字や生没年は不明、姓を見てもらえばわかると思うが、王朗の一族なんじゃ。じゃが彼の人生はあまり詳しくは分からんのじゃよ。